積水水口化工株式会社

企業情報 / 社長からのご挨拶

Company

社長からのご挨拶

新田社長

1947年の創業以来、日本のプラスチックメーカーのパイオニアとして、フロンティア精神と際立つ技術で、常に新しい製品を世に送り出してきた積水化学工業。その中でも、1960年に設立された滋賀水口工場は、積水化学工業の基幹工場の一つとして重要な役割を果たしてきました。
そして、我々積水水口化工は、1961年に設立された「セキワ産業」に端を発し、以来、積水化学グループの一員として、滋賀水口工場の生産を支えています。

現在、車輛用・建築用合わせガラスに用いられる「中間膜」、ポリビニルブチラールを中心とした「機能樹脂製品」、液晶ディスプレイに使用されるプラスチック製微粒子や導電性微粒子、感光性封止材料といった「ファインケミカル製品」の製造・検査・出荷を我々、積水水口化工が担っています。

我々が製造している製品は、皆様の目に直接触れる機会はほとんどありませんが、自動車のフロントガラスや液晶ディスプレイ等、身近な生活シーンで活用されています。また、世界トップシェアの製品も多く、人々の快適で安全な暮らしに欠かせない事業であると自負しています。

事業環境が激変する今日、卓越したモノづくり力と活気ある人材で、それらの変革に追従できる挑戦集団を目指すことで、社会の皆さまに信頼され、発展し続ける企業を目指してまいります。

今後とも一層のご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

 



PAGE TOP

Copyright(c) SEKISUI CHEMICAL CO., LTD.